こだわり0217年の臨床経験・
実績

治療中の院長

これまでのインプラント治療実績に満足することなく、
日々技術と知識の研鑽に
励んでいます

インプラント治療は、新しい治療法だと思われがちですが、世界で初めてのインプラント治療が行われてから、すでに50年以上がたちます。その間、治療技術は目まぐるしく進歩を続け、負担を軽減した治療も可能になっています。
当院では、17年前よりインプラント治療を取り入れ、もっとインプラントを広く知っていただきたいという気持ちから、理事長自らインプラントの埋入手術を受けるなど、インプラント治療の普及に力を入れてきました。一人ひとりの患者様に、ご満足いただける治療をご提供できるよう、努めてまいります。

臨床経験17年のドクターが
インプラント治療を担当します

初めてのインプラント治療の際、「痛くはないのか?」「失敗しないのか?」など、誰もが不安を感じるものです。当院では、17年以上の臨床経験を積んだ理事長がインプラント治療を担当することから、そのようなインプラント治療に不安を感じている患者様にも、安心して治療を受けていただくことができます。
臨床経験のある理事長が、患者様の症例に沿った治療をご提案し、選択いただいた治療を行います。

理事長先生のイメージ

すべてのスタッフが
学会・勉強会に
積極的に参加しています

インプラント治療をはじめ、歯科医療は常に進歩を続けています。そのため、すべての患者様により良い治療をご提供するためには、治療に関わる全てのスタッフが、常に学び、技術の研鑽に励むことが必要です。
手術のテクニックだけでなく、メンテナンス技術、滅菌体制など…すべてのスタッフがチームとして連携し、高い技術を持って対応することが、質の高い治療提供につながると考えています。

治療中のイメージ

point
インプラント・セーフティー・マークを
取得しています

当院は、2012年にインプラント・セーフティー・マークを取得しています。
インプラント・セーフティー・マーク(ISM)とは、NPO法人歯科医療情報推進機構(IDI)が、「環境」「技術」「運用」についての評価が一定レベル以上にあると認めた歯科医療機関に与えるマークです。ISM認定を受けるためには、多くの認定要件を満たしている必要があります。当院は、インプラント治療を行う医院として、相応しい環境づくりを行うことが大切だと考えています。

インプラント・セーフティー・マーク
お問い合わせ
30分でわかるインプラント個別相談会