オールオン4歯がほとんどない方に
負担を抑えたインプラント治療を

少ないインプラントで
多くの歯を取り戻せる治療法

通常のインプラント治療は、失った歯1本につきインプラント1本を埋入して補綴治療を行います。そのため、ほとんどの歯を失ってしまった患者様は、インプラントの埋入本数が多くなり、身体的・経済的な負担は大きなものでした。
しかし、現在はオールオン4(All-on-4TM)という術式が登場し、最小4本のインプラントで片顎の全ての歯を取り戻すことが可能になっています。入れ歯でお悩みの方に、オールオン4で噛める喜びを再び感じていただきたいと願っています。

インプラント基礎知識
特殊なインプラント治療
インプラント費用

オールオン4とは

オールオン4とは、その名の通り、最少4本のインプラントで片顎全ての歯を支える治療法で、多くても6本と少ない本数で12本の歯を補えるため、歯が1本も無い無歯顎の患者様でも負担を抑えたインプラント治療が可能になります。
総入れ歯をお使いの方、歯がほとんどないという方に、おすすめしている治療法です。

入れ歯の画像

当院の理事長は、オールオン4の発案者でもあるポルトガルの歯科医Dr.パウロ・マロより直接指導を受けました。また、当院は、Dr.マロが設立したインプラントクリニック「マロ・クリニック東京」の提携医院でもあります。

MALO CLINICK

少ないインプラントで歯を支えられる理由

従来の方法では、すべての歯を失っている患者様のインプラント治療は、片顎あたり少なくとも8本のインプラントを入れなければならないでしょう。これに対し、オールオン4は最小4本です。オールオン4が少ないインプラントで多くの歯を支えられるのは、インプラントの埋入角度に理由があります。

インプラント

通常のインプラント治療の場合、顎の骨に対してインプラントを垂直に埋入します。しかし、オールオン4治療では、奥歯側のインプラントを斜めに埋め込む「傾斜埋入」を行うことで、前歯側に比べて長いインプラントを埋入できるため、安定性がよく、インプラントにかかる負担を均等に分配することが可能なのです。

レントゲン写真

さらに、骨の状況によりますが、骨が少ない部分を避けて埋入することができるため、骨を増やす治療(骨造成)を行わずに手術ができる可能性が高まります。

オールオン4のメリット

  • 手術当日から仮歯の装着可能

    通常のインプラント治療の場合、骨に結合するまで3~6ヶ月ほどの治癒期間(定着期間)が必要ですが、オールオン4は、一定条件を満たしていれば、手術を行った当日に仮歯の装着が可能です。
    治療後に歯がなくて困るようなことはありませんので、ご安心ください。

  • 自分の歯のように噛める

    オールオン4は、インプラントで連結した歯を装着するため、入れ歯が動いたり外れたりすることがなく、ご自身の歯と同じような感覚で噛むことができ、入れ歯よりも咀嚼能力が向上します。
    歯茎のラインも人工的に作るため美しく、自然な仕上がりになります。

  • 違和感や異物感が少ない

    総入れ歯の場合、歯を支えるための床(しょう)とう粘膜に触れる部分が大きくなり、装着時に違和感や異物感が生じやすいですが、オールオン4には床がなく、違和感・異物感がありません。入れ歯で起こる味覚への影響もなく、食事を楽しめます。

  • 費用負担が軽い

    従来の術式では、多くのインプラント埋入が必要になるため、その分費用も高くなってしまいます。しかし、オールオン4ならば、埋入するインプラントが最小限に抑えられるため、費用を抑えることが可能です。

オールオン4の費用・選べる3つのコース

当院のオールオン4の治療は、次のような3つのコースがあり費用が異なります。患者様のお口の状態によって、別途料金がかかる場合があるため、詳細はカウンセリングにてご確認ください。

コース 料金
エコノミー 177.4万円
スタンダード 228.4万円
プレミアム 371.2万円

※上記金額は、すべて税抜き表示となっています。

デンタルローンをご利用いただけます

一度の費用負担を軽減できるようにデンタルローンを導入し、分割のお支払いにてご希望の治療を受けていただきたいと思っています。お支払い方法についても、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ
30分でわかるインプラント個別相談会