デンタルローン インプラント治療の費用を分割でお支払い

一度にかかる費用負担を軽減し
妥協のない治療選択を
行っていただくために

インプラント治療は保険が適用されないため、ブリッジや入れ歯のような保険診療に比べて治療費が高額になりがちです。費用が原因でインプラント治療を諦めるということがないよう、妥協せず納得の治療を受けていただけるよう、当院ではデンタルローンを導入しています。
金利や審査、返済方法などをご確認いただき、ご検討いただけると幸いです。

インプラント基礎知識
特殊なインプラント治療
インプラント費用

デンタルローンとは?

デンタルローンとは、歯科治療費専用のローンをいいます。インプラントや歯列矯正、ホワイトニングのような保険外診療(自由診療)は、費用が高額になってしまいますが、一度の負担を軽減して治療を受けられます。
当院では、新生銀行グループのアプラスのデンタルローンのご利用が可能です。

デンタルローンの
メリットとデメリット

デンタルローンはとても便利な反面、注意が必要なデメリットもあります。そのため、長所と短所の両方を正しく把握したうえで、ご利用いただきたいと思います。

デンタルローンのメリット

  • 一度の費用負担を軽減できる
  • 治療費に合わせて借入額の設定が可能
  • ネットで申し込みできるため手間がかからない

デンタルローンのデメリット

  • 返済回数を多く設定すると金利手数料が高くなる
  • 審査を通らなければ利用できない
  • 収入がないと利用できない場合がある

デンタルローンの
主な手続きの流れ

ローンといえば、「手続きが面倒」というイメージが強いかもしれませんが、近年はメールでの申し込みが可能になっています。

  • 申込み

    デンタルローン申込み専用ページから、指示に従って利用金額や返済回数などの必要な項目を選び、申込みを行います。(当院では、新生銀行アプラスのデンタルローンをご案内しています。)

    申込
  • ご利用についての審査

    申込みが完了後、信用情報や借入金の有無・金額などをもとに審査が行われます。審査にかかる時間は信販会社によって異なりますが、翌営業日には利用が可能です。

    ご利用についての審査
  • 審査結果の連絡

    審査結果は、申込みの際に入力された電話番号またはメールアドレスに連絡がきます。

    審査結果の連絡
  • 治療の開始

    デンタルローンの契約手続きの完了後、患者様と歯科医院の間で手術日を調整して、実際にインプラント治療を受けていただきます。

    治療の開始
  • 月々のお支払い

    口座振替の手続きが完了したら、ご指定いただいた患者様の銀行口座から月々のお支払金額が引き落とされます。

当院でご利用可能な
デンタルローン

アプラスデンタルローン

新生銀行グループ 「アプラス」のデンタルローンの主な内容は次の通りです。

対象となる歯科治療 インプラントや矯正歯科、審美的な処置などの、保険外診療の治療費全般
お申込みできる方 20歳以上65未満の安定した収入のある方
必要書類
  • 本人確認資料(運転免許証など)※
  • 収入を証明する資料(源泉徴収票または所得証明書のコピー)※
  • 使用用途が分かる書類(見積書・請求書など)※
  • 口座振替依頼書
※ WEB申込み時は不要
金利 (実質年率) 7.2%~14.4% (審査によって決定)
ご利用可能な金額 10万円~300万円
返済回数 6回~84回 (6ヶ月~7年)
担保・保証人 不要 不要

支払例 1 (借入金額:100万円 / 実質年率:14.4%の場合)

返済回数 月々の返済額
12 回 89,975 円
24 回 48,202 円
36 回 34,372 円
48 回 27,527 円
60 回 23,476 円

支払例 2 (借入金額:200万円 / 実質年率:14.4%の場合)

返済回数 月々の返済額
12 回 179,950 円
24 回 96,404 円
36 回 68,744 円
48 回 55,055 円
60 回 46,952 円
72 回 41,641 円
84 回 37,923 円

金利等は、金融情勢によって変動する可能性があります。
詳しくは、新生銀行グループのアプラス「デンタルローン」
をご確認ください。

デンタルローンに関する
よくある質問

どのような歯科治療がデンタルローンの対象になるのですか?

主にインプラントや矯正歯科、セラミックなどの保険外診療で、デンタルローンが利用できます。ただし対象外となる治療もあるため、あらかじめ歯科医院でごかくにんください。

クレジットカードの分割払いとの違いは何ですか?

クレジットカードと比較して、デンタルローンは金利が低いのが最大の特徴です。さらに、デンタルローンの場合は返済回数が多く、利用限度額が高く設定されていることから、治療費が高額になった場合でも、余裕を持って返済することが可能になります。

デンタルローンを利用すると、医療費控除は受けられないのですか?

デンタルローンを利用した場合でも、医療費控除を受けることができます。ローン契約を結んだ年の費用が控除の対象となり、翌年の確定申告で医療費控除の申請を行います。

医療費控除とは

医療費控除とは、1月1日~12月31日の1年間に医療費を支払った際に受けられる、一定金額の所得控除のことで、最高で200万円が医療費控除の対象となります。また、還付金は所得税率によって決まるため、納めた所得税の額によって還付金は違ってきます。
詳しくは、インプラント医療費控除のページをご覧ください。

お問い合わせ
30分でわかるインプラント個別相談会