術後のケアを考慮した治療
術後のケアを考慮した治療

術後のケアが

インプラントの長持ちに
つながります

顎の骨にインプラントを埋入して、上部構造と呼ばれる人工歯を装着すれば、インプラント治療はひと区切りを迎えます。しかしながら、必ずしもそれで治療が終わりというわけではありません。
インプラントを埋入後に何もせずに放っておくと、インプラントの周りに汚れが溜まったり、インプラントに無理な力がかかったりすることで骨との結合が妨げられ、最悪の場合、せっかく埋め込んだインプラントが抜け落ちてしまう恐れがあるのです。
そのため、当院ではインプラントを長くお使いいただくために、術後のケアを考慮した治療を進めています。術後のケアでは、次の2つのポイントが重要となります。

歯磨き指導(TBI)による
セルフケアのサポート

ンプラントは天然歯のような虫歯の心配は必要ありませんが、歯周病と似た症状がみられるインプラント周囲炎への対策が必要となります。特に、インプラントは、歯に歯茎がくっ付いている状態の天然歯に比べて、人工歯と歯茎間に隙間があきやすく、そこに汚れがたまってしまうことから、天然歯以上にしっかりとプラークコントロールを行う必要があります。

そこで、毎日のブラッシンが大変重要となるのですが、歯磨きはご本人が思っている以上に自己流になりやすいため、自分ではしっかりと磨いているつもりでも、実は細かい部分まで磨けていないことがあります。

院では、常に正しいブラッシングを行っていただくために、患者様ご自身によるセルフケアと並行して、歯科衛生士による歯磨き指導を行っています。

歯磨きする女性

専門的な知識を身につけた衛生士が「歯ブラシが届きにくい部分」「汚れがたまりやすい部分」を定期的にチェックして、効果的に歯を磨く方法をご指導します

専門的な知識を身につけた衛生士が効果的に歯を磨く方法をご指導します 毎日のセルフケアでお口が清潔に保たれることで、インプラントの寿命は確実に長くなります!

トラブルを未然に防ぐ
メンテナンス

ンプラントには、生体親和性が高いチタンが素材として使われていることから、埋入後、徐々に周囲の骨と結合していきます。しかし、その過程で硬い食べ物を噛んだり、無意識に食いしばったりして無理な力をかけてしまうと、インプラントがしっかりと結合できず、グラつきや脱落につながるのです。

また、インプラントと歯の結合を妨げるインプラント周囲炎は、初期の段階では自覚症状がなく、患者様ご自身が気づきにくいため、歯科医院でしっかりとチェックする必要があります。そのため、埋入したインプラントに異常がないかを確認するために、当院では、インプラントのメンテナンスのために定期検診を行っています。

ンテナンスでは、主に次のようなポイントについてチェックします。

メンテナンスの主な内容

  • インプラント周囲炎の症状の有無
  • 噛み合わせ
  • インプラントの動揺度
  • 歯周ポケットの深さ

ンプラントのメンテナンスは、3ヶ月から半年に一度程度を目安にして行います。メンテナンスをするのとしないのでは、インプラントの寿命が格段に違ってくるため、メンテナンスは長くインプラントをお使いいただくために欠かせない術後のケアだといえます。
インプラントのメンテナンスの方法に関しては、「メンテナンスの重要性」をご覧ください。

メンテナンスはメーカーの製品保証に不可欠です

当院が採用しているインプラントメーカーには、製品の破損などに対する保証制度があります。製品によって保証内容は異なりますが、メーカーの保証を受けるためには、標準的な口腔内の衛生基準を満たしている必要があることから、メーカーでは定期的なメンテナンスを推奨しています。

インプラント治療に対する
7つのこだわり

こだわり01
痛くない・腫れにくい治療
こだわり02
15年の臨床経験の実績
こだわり03
科学的根拠に基づいた診断
こだわり04
最新設備と衛生管理
こだわり05
様々な難症例にも対応
こだわり06
理事長自ら
8本のインプラントを埋入
こだわり07
術後のケアを考慮した治療
お問い合わせ
インプラント相談