こんなお悩みはありませんか
お悩み1

インプラントの手術が
怖い・不安

歯科治療が怖いという方は少なくありません。まして、インプラントは手術が必要になるため、治療に対して恐怖心や不安をお持ちの方も多いと思います。
しかし、当院では痛みを抑えた治療に努めており、「静脈内鎮静法」という麻酔法によって快適に治療を受けることが可能です。眠っているような状態の中で、恐怖心や不安を軽減して治療を受けられます。

快適な治療が安全性を高めます

快適な治療が安全性を高めます

インプラントは、抜歯や虫歯治療で用いられる局所麻酔のみで治療を行えます。しかし、局所麻酔だけでは、痛みをなくせても、意識がハッキリしているため、緊張や不安、恐怖心などのストレスを抑えることはできません。
治療中のストレスは、血圧や心拍に影響します。静脈内鎮静法を併用し、全身管理のもとで治療を行うことによって、安全性が向上します。

安全性の高い静脈内鎮静法に
努めています

当院の設備の画像

治療の快適性・安全性を高めるための静脈内鎮静法ですが、どこの医院でも行える麻酔法ではありません。静脈内鎮静法を行うためには、全身管理が必要であり、全身麻酔に準じた設備と技術が求められます。
当院は、血圧や心拍数、血中酸素飽和度などを確認する生体モニター、酸素投与を行う装置など、必要な機器を整え、大学病院と提携し、麻酔医が全身管理を担当しますので安心して治療を受けていただけます。

「もう終わったの!?」
という声を多くいただきます

静脈内鎮静法を用いてインプラント治療を受けた患者様からは、「(治療が)あっという間に終わった」という声が多いです。
インプラントの手術が怖いという方も、快適に治療を受けることも可能です。ぜひご相談ください。

静脈内鎮静法はこのような方に
おすすめしています

  • 快適にインプラント治療を受けたい方
  • 恐怖心や不安が強い方
  • 嘔吐反射が強い方
  • 全身疾患をお持ちの方
  • 埋入するインプラントの本数が多い方
  • 歯の治療中に体調が悪くなったことのある方
静脈内鎮静法はこのような方におすすめしています。
お悩み2

入れ歯にしたくない・入れ歯が合わなくて困っている

多くの歯を失った場合、治療の選択肢には入れ歯とインプラントがあります。
「できることなら、入れ歯にしたくない」という方がほとんどですが、インプラントにしたくても、「費用が高いのではないか」「大がかりな治療が必要なのではないか」と、不安も大きいのではないでしょうか。
近年は、多くの歯を失っている方も、最小限のインプラントで多くの歯を取り戻せるようになっています。「歯がほとんどない」という方、「入れ歯が合わなくて困っている」という方も、費用や体への負担を軽減してインプラントにできます。

入れ歯とインプラントで
お悩みの方へ

入れ歯とインプラントでお悩みの方、
入れ歯が合わなくてインプラントにしたいと思っている方、
インプラントで入れ歯の悩みを解消できます。

  • しっかりかめない
  • 発音しにくい
  • 入れているだけで痛い
  • 噛むと痛い
  • 外れやすい
インプラントで解決できる入れ歯の悩み

入れ歯には、保険が適用となる・手術が不要といったメリットもあります。
それぞれの治療法のメリット・デメリットを把握して、ご自身に合った治療法を選択することが大切です。

歯がほとんどない人のための
インプラント

入れ歯の画像

「インプラント1本〇万円」と聞くと、ほとんどの歯を失っている人にとっては、高額でなかなか踏み出せない治療だと思うかもしれません。しかし、多くの歯を失った場合でも、最小4本のインプラントで最大12本(片顎)の歯が入ります。また、インプラントで入れ歯を固定する場合には、最小2本で入れ歯の悩みを解消し、噛めるようになります。
インプラントは敷居の高い治療だと思われがちですが、低予算で多くの歯を取り戻せるインプラント治療もあるのです。

お悩み3

過去に入れたインプラントに違和感がある

インプラントの不具合を、どこで相談したら良いのかわからない…という方が、残念ながら多いようです。
当院でも、他院で受けたインプラントの痛みやグラつき、違和感などのご相談を受けることも少なくありません。

一度失敗した場合でも
再治療は可能です

一度失敗した場合でも再治療は可能です

インプラントの失敗はあってはならないことですが、万が一失敗した場合にも、再治療は可能です。
骨が不足している場合には、骨を増やす治療が必要となります。また、インプラントが神経を圧迫し、しびれなどの症状を起こしている場合には、インプラントを撤去し、正しく入れ直す必要があります。
治療の内容は、症状やトラブルの原因によって異なりますが、いずれにしても早めの対処が必要となります。

細菌感染は進行します

細菌感染は進行します

細菌感染によってインプラントに起こる炎症を、「インプラント周囲炎」と言いますが、テレビのニュースで取り上げられ、不安を抱いている方も多いかもしれません。

インプラント周囲炎は進行しやすい特徴があるため、早めの対処が求められます。インプラント周囲炎は、「インプラントの歯周病」とも呼ばれていますが、歯肉の腫れ・出血など歯周病のような症状が起こります。早めの治療が大切でしょう。

再治療はより専門性が
求められます

再治療はより専門性が求められます

インプラントが失敗したからと言って、どこでも再治療が行えるわけではありません。リカバリーはインプラントを入れるよりも格段に難度が高く、治療に当たる医師に技術と経験が必要となります。そのため、再治療の際は医師選びを慎重に行うことをおすすめします。

当院では、他院で受けたインプラント治療のリカバリーをはじめ、難度の高い治療を多く行っています。また、インプラントを長期的に機能させるため、質の高いメンテナンスをご提供し、お口の健康を守り全身の健康につなげるサポートを行っています。
他院で受けた治療についても、ぜひご相談ください。

お悩み4

他院でインプラントを
できないと言われた

インプラントは顎の骨に埋入しますが、骨が十分になければ、治療は成功しません。インプラントを支える土台がしっかりしていなければ、インプラントと骨がうまく結合せず、脱落を招く場合もあります。
歯を抜くと、その箇所は咀嚼による刺激がなくなってしまうため、骨の吸収が進みやすくなります(骨が痩せる)。そのため、抜歯をしてから時間がたっている場合には、骨吸収が進んでいる可能性があります。
また、歯周病が原因で歯を失った場合にも、細菌によって骨が破壊され、インプラントを埋入するのに十分な骨量がない場合があります。

骨量を増やすことで、
インプラントも可能です

骨量を増やすことで、インプラントも可能です

かつて、インプラントを埋入するには骨があるのが前提でした。しかし、近年は治療技術や材料の進歩により、骨量を増やすことが可能となり、骨量が不足している人でもインプラントにできるようになりました。

骨を増やす方法は複数あり、残っている骨の量や治療部位によって、適した術式は異なります。以下に紹介する術式のほかにも、GTR法・エムドゲイン・ボーングラフトなどの方法があります。

  • サイナスリフト

    上顎の奥歯の骨が不足している場合に
    行う術式です。

    サイナスリフト
  • ソケットリフト

    上顎の奥歯部分の骨を増やす術式です。
    骨がある程度残っている必要があります。

    ソケットリフト
  • GBR

    メンブレンという特殊な膜を用いて、
    骨量を増やす方法です。

    GBR
お悩み5

インプラント治療の
失敗が心配

かつてインプラントの失敗がテレビなどで報道されたこともあり、失敗が心配で治療に踏み切れない人も多いのではないでしょうか。
インプラントは100%成功する治療ではありませんが、医師の技術や経験、治療環境などにより、その成功率は高めることが可能です。そのため、インプラントの失敗は、治療を受ける医師(歯科医院)選びの失敗とも言えると思います。

歯科選びが肝心です

歯科選びが肝心です

「自宅近くの歯医者に通っている」という人も多いですが、インプラントは専門性が求められる治療です。そのため、どこの医院でも同じ治療が受けられるわけではありません。
経験の浅い医師もいれば、十分な治療技術を持たない医師もいるでしょう。また、手術を行うには、徹底した衛生管理がなされ、設備が整った手術室が必要となります。インプラント治療には、インプラントのための歯科選びが求められます。

失敗するのには原因があります

インプラントが失敗する原因は
さまざまです。

インプラントが失敗する主な原因
  • 衛生管理が
    不十分
  • 適切な位置・角度に
    インプラントを
    埋入できていない
  • 噛み合わせの
    調整が正しくない

インプラントが失敗する原因はさまざまです。起こり得る失敗を回避するために、万全の対策が取られているか、十分な設備が整っているか、衛生管理が徹底されているか…といったことを、治療前に確認することが大切でしょう。

インプラント治療の失敗が心配

また、偶発的なトラブルがあった場合に適切に対処してもらえるか、という点も大切なポイントです。インプラントのリカバリー(再治療)は、通常のインプラント治療よりも医師の技術・経験が問われます。
万一、何らかのトラブルが発生した時に対応できるだけの技術・経験を医師が持ち合わせているか、という点も重要です。

失敗を防ぐため
トータル的にサポートします

インプラントの失敗原因が患者様にある場合もあり、主な原因には次のようなものが挙げられます。

  • メンテナンスの不足
    メンテナンスの不足
  • 喫煙・飲酒などの生活習慣
    喫煙・飲酒などの生活習慣
失敗を防ぐためトータル的にサポートします

治療後は、細菌感染のリスクを高める生活習慣を取り除き、適切なメンテナンスを行うことが必要です。患者様自身も、お口の健康を維持し、インプラントを長持ちさせるように努めることが欠かせません。
当院では、患者様のお口の中の状態(リスク)に応じたメンテナンスをご提供するとともに、生活習慣やブラッシングの指導を行い、インプラントのトラブル・失敗を防ぐサポートをしていきます。

お悩み6

本当にインプラントが必要かわからない

歯を失った時の治療法には、インプラントのほか、ブリッジ・入れ歯があります。それぞれの治療のメリット・デメリットを把握したうえで、自分に合った治療を選択する必要があるでしょう。

納得して治療を
受けていただくために

治療について詳しく説明します

治療について詳しく説明します

ご自身の治療について、医師任せにすることは良くありません。当院では、患者様に納得して治療を受けていただけるよう、十分な説明・相談を行います。わからないことや不安なことは、何でもお聞きください。また、患者様の治療に対するご希望も、ご遠慮なくお伝えください。

複数の選択肢から選択していただきます

複数の選択肢から選択していただきます

当院では、患者様の希望やお悩みを伺いながら、患者様に可能な治療法を複数ご提案いたします。インプラントはメリットの多い治療法ですが、必ずしもすべての患者様に最適な治療とは限りません。
それぞれの治療法について十分に把握し、納得して治療を受けていただきます。

インプラントにもデメリットがあります

インプラントにもデメリットがあります

インプラントは、保険が適用にならない、外科的手術が必要となる、といったデメリットもあります。もちろん、噛み心地や見た目の美しさだけでなく、残っている歯を守ることができるなど、長期的に見ると多くのメリットがあるのも事実です。
インプラントに限ったことではありませんが、自分が受ける治療について詳しく知り、納得して治療を受けることが大切です。

お問い合わせ
インプラント相談