静脈内鎮静法 眠っているような状態で快適に
治療を受けられます

静脈内鎮静法でインプラント手術の
痛みや不安を解消

歯がなくて困っているけれど、手術が怖くてなかなかインプラント治療を決断できないという方は、静脈内鎮静法という方法をご存知ですか?静脈内鎮静法を用いると、不安や恐怖などストレスを感じることなく快適にインプラント手術を受けることができます。

インプラント基礎知識
特殊なインプラント治療
インプラント費用

不安や恐怖を和らげる
静脈内鎮静法とは

手術中のイメージ

静脈内鎮静法とは、脳神経に作用する向精神薬などの薬を静脈から点滴投与する麻酔の方法で、通常の歯科治療で行われる局所麻酔と併用することにより、痛みだけでなく精神的な緊張が和らいだ状態で手術が受けられます。
局所麻酔のみで治療を行う場合、もちろん痛みを感じることはありませんが、ドリルで削る際の音や周囲の会話が常に聞こえることで、長時間に渡って緊張を強いられるほか、骨を削ったりインプラントを埋入したりする際に何となく感覚があるため、治療中に不安や恐怖心が増す可能性があります。

静脈内鎮静法
恐怖心を和らげる効果があります

それに対して静脈内鎮静法には、全身麻酔のように意識を失うことなく、お酒を飲んだ時のようなリラックスした状態になるという特徴があります。緊張や不安が緩和されるため、中にはウトウトした状態になって、気がついたら手術が終わっていたという方もいます。さらに、静脈内鎮静法では健忘効果が得られることから、後から治療中にあったことを思い出して、不安な気持ちになるようなこともありません。

このように、静脈内鎮静法は局所麻酔と併用することで、体にも心にもストレスを与えずに、快適にインプラント治療が受けられるようになるのです。

静脈内鎮静法
このような方におすすめです

処置中のイメージ

静脈内鎮静法は、鎮静や催眠の作用のほか、不安や緊張を和らげる効果があることから、歯科治療に極度の恐怖を感じる歯科恐怖症や、治療器具を口に入れられると吐き気が起こる、嘔吐反射のある方に有効です。

また、高齢者の方や高血圧、心臓病、糖尿病などの全身疾患をお持ちの方は、強い不安や恐怖を感じて急激な血圧上昇や心拍変動が起こると、持病に影響を与える恐れがあるため、気分が落ち着いた状態で手術が受けられる静脈内鎮静法が適しているといえます。

もちろん、治療に影響を与えるような症状がない方というにも、静脈内鎮静法を受けていただくことができます。「初めてなので緊張する」「ちょっと怖い」「キーンという音が苦手」などの理由により、何となく不安を感じているという方は、ぜひスタッフまでご相談ください。

麻酔医が手術中の
全身管理を行います

生体情報モニタのイメージ

静脈内鎮静法を行う際、当院では常駐の麻酔医が全身管理を行っているため、治療中の患者様の安全が確保されるだけでなく、歯科医師が手術に集中することができるのです。

麻酔医の仕事は麻酔を投与するだけではありません。手術の前に麻酔薬を点滴で投与した後、患者様の全身管理を行うために、生体情報モニタで血圧や心電図、脈拍数、心拍数、酸素飽和度などを常にチェックしています。そして、患者様の状態をみながら、薬剤を投与する量を調整します。

静脈内鎮静法を行った場合、1~2時間程度で意識がはっきりしてきますので、しっかりと応答ができ、ふらつくことなく真っ直ぐ歩くことが確認できましたら、そのままご帰宅いただきます。ただし、当日は車の運転を控える必要があるため、付き添いの方にご同伴いただけると安心です。

お問い合わせ
インプラント相談