インプラントとは 将来の健康を守りたい方におすすめしています

インプラントは
残っている歯を
守る
治療法です

インプラントとは、治療などを目的として体内に入れる器具のことを言います。整形外科の骨折治療で用いられるボルト、美容整形の豊胸手術で用いられるバッグなども、インプラントの一つです。
歯科治療におけるインプラントは、デンタルインプラントや歯科インプラントとも呼ばれていますが、歯科インプラントが浸透し、単に「インプラント」と呼ばれることが多くなっています。(当サイトでも、以下「インプラント」と記載します。)

インプラント基礎知識
特殊なインプラント治療
インプラント費用

インプラントとは?

インプラントとは、歯を失った時の治療法です。人口の歯根を顎の骨に埋め込み、人工の歯を装着します。
言うまでもないことですが、永久歯を失うと、その後歯は生えてきません。そのため、人工の歯を補う必要があります。従来は、ブリッジや入れ歯による治療しかありませんでしたが、近年はインプラントによる治療が可能となり、他の健康な歯を削ることなく、天然の歯のように美しく、噛み心地の良い歯を手に入れられるようになっています。
歯を失った時、歯の大切さを改めて実感するものです。健康な歯に負担をかけ、さらに歯を失うリスクを高めることのない治療法として、インプラント治療をお勧めしています。

インプラントの構造

インプラントは、顎の骨に埋め込む「インプラント体(フィクスチャー)」と「人工歯(上部構造)」、インプラントと人工歯を連結する「アバットメント」からなります。

インプラントの構造

インプラントにはさまざまな種類があります

インプラントメーカーは世界中にたくさんあり、さまざまな種類のインプラントが販売されていますが、当院では、世界クラスのメーカーのインプラントを採用しています。
信頼性が高く、世界中で多くの人に使われているだけでなく、さまざまな症例に適用が可能な製品が揃っています。

straumannのロゴ

従来の治療法と
インプラントの比較

歯科治療には、それぞれにメリットとデメリットがあります。インプラント治療を受ける際は、そのどちらも知っておいていただくことが大切です。

比較項目 メリット デメリット
ブリッジ
  • 違和感が少ない
  • 咀嚼能力が高い
  • 保険で治療できる
  • 審美性が高い
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に負担をかける
  • 衛生管理がしにくい
  • 支えとなる歯が必要になる
入れ歯
  • 複数本の欠損にも対応できる
  • 保険で治療ができる
  • 手入れがしやすい
  • ブリッジよりも他歯を
    削る量が少なくて済む
  • 審美性に劣る
  • 違和感(異物感)がある
  • 入れ歯が合わないと
    痛みが生じたり、外れたりする
  • 咀嚼能力が低い
インプラント
  • 審美性が高い
  • 咀嚼能力が天然歯と同等
  • 寿命が長い
  • 違和感がない
  • 歯槽骨の吸収を抑制できる
  • 他の歯に負担をかけない
  • 治療期間が長くなりやすい
  • 保険がきかない
  • 歯槽骨の量が十分でないと、
    治療が適応とならない
  • 外科手術が必要になる

インプラントと差し歯の比較

インプラントと差し歯の違いを、ご存知ない方が多いですが、差し歯は歯根が残っている状態で行う治療法であり、インプラントは(歯根を含め)歯を失った時に行う治療法です。
差し歯は、歯根に土台を立てて歯をつくりますが、インプラントは人口の歯根を顎の骨に埋め込みます。

健康な歯に負担をかけません

インプラントのメリットには、天然歯のような審美性や噛み心地の良さも挙げられますが、新たな歯を作り出すことで、他の健康な歯に負担をかけないという点も大きなメリットの一つです。

ブリッジ治療は、支えとなる健康な歯を大きく削る必要がありますし、入れ歯治療もバネをかける歯に負担をかけてしまいます。しかし、インプラントは新たな歯を作るため、他の歯に負担をかけることはありません。「残っている歯を守る治療法」とも言えるでしょう。

インプラントが良く噛める理由

インプラントにはチタンという金属が使用されています。インプラントの噛み心地は、チタンの骨と強く結合する性質によるものです。

チタン製のインプラントを顎の骨に埋入すると、インプラントは骨と強く結合します。そのため、グラついたり、外れたりすることはありません。このインプラントと骨の結合は、オッセオインテグレーションと言いますが、この強固な結合によって、自分の歯と同じような噛み心地が手に入ります。

インプラントのイメージ

インプラントは外科手術が必要

インプラントのデメリットの一つでもありますが、インプラントは外科的手術が必要になります。他の治療に比べて、体にかかる負担が大きくなりやすいのです。もちろん、治療は麻酔をして行いますから痛みはほとんどありませんが、全身疾患がある場合には、全身症状の管理が必要となります。

広島にある当院では、治療の安全性を高めるため、無菌手術室や全身管理を行う生体モニターなどの設備を整え、手術中は全身管理を麻酔医が担当します。持病を持っている患者様も多く、当院でインプラント治療を受けています。手術による負担が心配な方も、ぜひ一度ご相談ください。

治療中のイメージ

手術が必要になるということは、リスクもあります。実際に治療の失敗やトラブルも起きていますので、インプラントの良い部分だけでなく、リスクなどの悪い部分も把握したうえで治療を受けることが大切です。
もちろん、失敗やトラブルは回避可能です。その努力をしている医院で治療を受けることが大切でしょう。

お問い合わせ
インプラント相談