金田ドクターの
インプラントコラム

COLUMN

インプラントは痛い?
当院の無痛治療への取り組み

近年、歯科医療の進歩には目覚ましいものがあります。そのため、治療が必要となった時に、複数の選択肢が出てくることも珍しくありません。納得の治療のため、生涯に渡ってお口の健康を守るために、歯科についての知識を身に付けることはとても大切です。
インプラントに興味がある方、これからインプラント治療を受ける方はもちろん、お口の健康を守っていきたいすべての方に役立つ情報をお届けしていきます。

インプラント手術の痛みとは

手術中の歯科医師

外科手術と聞いて、「麻酔が痛いのでは?」「手術中に痛みが出たら…」と不安を感じる方は多いかもしれませんが、基本的にインプラント手術中に痛みを感じることはありません。局所麻酔によって麻酔が効いている状態のため、何となく押されるような感覚があっても、痛いと感じるほどではないのです。

しかし、たとえ痛みがなくても、歯科治療が苦手な人にとっては、治療中の音や振動がストレスになることがあるでしょう。そのような方には、当院では「静脈内鎮静法」をおすすめしています。薬剤を静脈から注入することで、ほろ酔いのようなリラックスした状態で治療が受けられます。

歯科衛生士

インプラント治療の痛みを抑える
5つのポイント

インプラント手術の際、治療の痛みを抑えるために、当院では次の5つの対策を行っています。

痛くない麻酔用注射器の使用

手術中の院長

「麻酔の注射は痛い」と苦手意識を持っている方が多いことから、当院では電動の麻酔用注射器を導入しています。

麻酔の注射には、歯肉に注射針を刺した時の痛みのほかに、麻酔薬の注入時の痛みがあります。これは、急激に注射液が注入されることで起こる痛みで、電動の注射器の場合は、注入速度を調節することができるため、あの独特な痛みを感じることなく麻酔の注射を打つことができるのです。

静脈内鎮静法と局所麻酔の併用

薬剤の入った点滴

局所麻酔では治療の痛みを抑えることができても、患者様の不安や恐怖を取り除くことができません。

静脈内鎮静法は、全身麻酔のよう完全に意識を失うのではなく、うとうとしたような状態で手術が受けられる方法で、健忘効果によって治療中のことを覚えていない場合も多くあります。鎮静薬を点滴で投与するだけなので、全身麻酔に比べて安全性は高い方法だといえます。

PRPによる治癒の促進

PRPとは「多血小板血漿」といって、その名のとおり血小板を多く含む血漿のことで、血液を遠心分離器にかけて取り出します。

このPRPには成長因子が多く含まれるため、インプラント治療に用いることで、痛みや腫れが抑えられるほか、治癒が早まる効果があるのです。また、患者様ご自身の血液から採取するため、拒絶反応が起こるような心配もありません。

ガイドシステムを使ったインプラントの埋入

インプラント埋入3dイメージ

インプラントを不適切な角度や深さに埋入してしまうと、痛みや腫れのほか、骨結合が妨げられる恐れがあります。

まずは、CTで撮影した3D画像をもとに、ガイドシステムを使って正しい埋入位置を割り出します。そして、その通りにドリルで穴をあけるための器具を作製して、その器具を被せた状態でオペすると、決められた位置にインプラントを埋入することができます。

清潔な手術室でのインプラント治療

インプラント治療室

インプラントの術後の痛みや腫れの原因となる細菌感染を防ぐためには、清潔域で手術を行う必要があります。

当院では、清潔な環境下で手術を行うために、一般の診療室と区別された専用オペ室を完備しています。また、治療には、最新の滅菌器を使って滅菌を行った後、滅菌パックに入れたまま清潔な状態で保管された器具が使われます。

術後は医院の指示に従って過ごしましょう

インプラントがうまく骨と結合するためには、手術直後の初期固定が大きな鍵を握ります。せっかく埋め込んだインプラントが定着せずに抜け落ちてしまうのを防ぐためには、手術の当日に安静を保つ必要があります。

インプラント手術後の
注意点

特に、術後は次のようなことに注意してください。 患部の歯磨き、飲酒、激しい運動、喫煙、入浴、硬い食べ物を噛む

特に、術後は次のようなことに
注意してください。

  • 患部の歯磨き
  • 飲酒
  • 激しい運動
  • 喫煙
  • 入浴
  • 硬い食べ物を噛む

この中でも、喫煙は、ニコチンや一酸化炭素の影響により血流を悪くなることで、インプラントの骨結合が阻害される恐れがあります。また、免疫力低下することで、患部の治癒の妨げになるため、一定期間以上の禁煙が必要とされます。

術後の薬の服用について

薬

インプラント手術の当日には、痛み止めの薬や消炎剤のほか、化膿を防ぐための抗生物質が処方されますので、医師の指示に従って服用しましょう。痛み止めは痛みがなければ飲まなくても良いのですが、抗生剤は用量や用法を守って、飲み切る必要があります。

また、普段飲んでいるお薬との飲み合わせが気になる場合は、事前にご相談いただけますようお願いします。

お問い合わせ
インプラント相談