金田ドクターの
インプラントコラム

COLUMN

前歯のインプラント治療の
リスクとメリット

インプラント、ブリッジ、部分入れ歯、これらは全て歯を補うための歯科治療の方法です。もしも、何らかの原因で前歯を失ってしまった場合、どの治療法を希望されますか?前歯は特に目につきやすいため、できるだけ目立たない方法を望まれる方は多いことでしょう。

ブリッジや部分入れ歯のような従来の治療に比べて、インプラントは自分の歯のような噛み心地が得られる反面、当然のことながらリスクやデメリットがあります。
今後、前歯の治療を検討されている方はインプラントをはじめ、それぞれの治療の特徴を理解した上で、自分に最も適した治療法を選ぶことが大切です。

前歯のインプラント治療の
特徴

インプラント

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め入れて、上部に人工歯を装着する治療法です。インプラントが周囲の骨組織と結合することによって、自分の歯のようにしっかり噛むことができるようになります

ただし、インプラントが骨と結合するには、骨の厚みや高さを十分に満足している必要があります。ところが、前歯は奥歯に比べて骨が薄いことから、厚みが足りない部分にそのままインプラントを埋入してしまうと、骨が支えられずに脱落してしまう恐れがあるため、骨の厚みを増す手術が必要となる場合があるのです。

インプラント

さらに、前歯は目立ちやすいため、他の部分よりも審美的なリスクが高いのも特徴です。
特に、前歯は歯肉が薄いことから、インプラント埋入後に歯肉退縮が起こると、治療を行った歯だけが長く見えてしまったり、インプラントと人工歯をつなぐアバットメントという部品が透けて見えたりすることもあります。

そのため、前歯をインプラントにする場合は、歯肉の退縮には十分に注意するほか、金属製ではなく歯と同じ白い色のジルコニア製のアバットメントを選ぶなど、審美的な問題が起こらないための対策が必要になります。

前歯をインプラントにするメリットは

挿入されたインプラント

前歯のインプラントの最大のメリットといえるのが、単独植立が可能だということです。インプラントは失った歯が1本からでも治療が可能で、周囲の歯に負担をかけずにしっかり噛めるようになります。

それに対してブリッジにする場合は、隣り合った2本以上の健康な歯を削る必要があります。また、部分入れ歯にするとなると、周囲の歯にバネと呼ばれる留め金をかけて入れ歯を固定するため、笑った時に金属のバネが目立つほか、周囲の歯にとっても大きな負担となるのです。

また、ブリッジや部分入れ場にした場合、歯がない部分の顎の骨への刺激がなくなることで、骨吸収が進んで骨が痩せてしまいますが、インプラントの場合は、埋入したインプラントから骨に刺激が伝わることで、骨吸収の進行を防いでくれるというメリットがあります。

前歯をインプラントにする際の3つの注意点

01費用が高くなる可能性がある

前歯のインプラントを検討する上で、特にご注意いただきたい点が3つほどあります。これらの注意点を踏まえて、前歯をインプラントにすべきかどうかをご検討ください。
前歯のインプラント治療を検討する上で、やはり気になるのは治療にかかる費用ではないでしょうか。特にインプラントの場合、インプラントそのものの値段が高く、さらに治療費が保険適用外となるため、虫歯などの一般の歯科治療に比べて、どうしても費用が高額になってしまいます。

そのため、通常のインプラント手術よりも、前歯のインプラントの治療費が高くなってしまうのです。
このように、前歯のインプラントは費用が想像以上に高くなってしまう可能性があることから、前歯のインプラント治療を検討されている方は、歯科医院に手術を行う場合のおよその費用を確認して、よく検討した上でインプラントを選択する必要があります。


02歯がない状態で放置はNG

前歯が抜けてしまった状態を長く放置していると、歯並びや噛み合わせに影響を与えるほか、咀嚼や発音する際の障害となります。歯を失う原因は歯周病や虫歯などの口腔トラブルのほか、事故による歯根破折など様々ですが、できるだけ早めに歯科医院を受診して、失った歯を補う治療を受けることが大切です。

また、長期間歯が抜けた状態が続くと、部分的に骨が痩せてしまうことから、いざインプラント治療を受けようにも骨不足で受けられない状態になる恐れがあるため、特に前歯のインプラント治療を行う場合、歯がない状態での放置は要注意なのです。


03経験豊かな歯科選びが必要

難易度の高い前歯のインプラント治療において、治療を受ける歯科医院選びは重要なポイントとなります。歯科医師やキャリアや過去の症例数のほか、スタッフが取得している資格なども歯科選びの指標となりますが、やはり前歯のインプラント治療の経験が豊富かどうかは重要です。

インプラント治療の症例の詳細については、直接医院へ問い合わせることが確実ですが、その歯科医院のホームページにインプラント症例や写真が掲載されている場合
は、どのようなインプラント治療を扱っているか、また、前歯のインプラント治療の割合はどれくらいなのかを確認しておくといいでしょう。

ナタリーデンタルクリニックでは、前歯のインプラントを含む多くの症例を扱っております。当院のインプラントの症例につきましては、「インプラント最新症例」をご覧ください。また、インプラント治療について質問や不明点がおありの方は、電話やメールにてお気軽に問い合わせください。

しっかり噛めるようになることは、健康寿命を延ばします
お口の健康は全身の健康と深く関係しています。
歯がほとんどなく義歯も使用していない人は、
歯が20本以上残っている人に比べて
認知症リスクが1.9倍になるというデータもあります。
歯がないまま放置することは、認知症のほか、
肥満・脳血管疾患・糖尿病・免疫力低下などを招きます。
適切な治療により、
しっかり噛めるようになることはもちろん、
患者様に、全身の健康や豊かな生活を手に入れて
いただくことを目標に、日々診療に当たっています。
歯がほとんどない方でも低予算で多くの歯を取り戻せます

歯が1本もない方でも、埋入するインプラントを
最小限に抑えて最大12本の歯が入ります。

オールオン4
詳細はこちら
お問い合わせ
インプラント相談