インプラント治療の失敗 失敗には理由があります。
そして、防ぐことは可能です。

インプラント治療で注意すべき
3つの失敗とその原因

インプラントは、失った歯の噛み心地を取り戻すことができる、大変素晴らしい歯科治療ではありますが、残念ながらインプラントの失敗についての報告は少なくありません。そのため、インプラント治療を受けてみたいけれど、不安を感じているという患者様もいらっしゃるのではないでしょうか。

当院では、ここでご紹介する代表的な3つのインプラントの失敗例について、原因を分析し、同じようなミスをおかさないための対策を行っています。

インプラント基礎知識
特殊なインプラント治療
インプラント費用

1.動脈の損傷による大量出血

インプラントの失敗例はさまざまですが、最も重大な事故につながりやすいのが動脈の損傷です。2007年には、ベテラン医師によるフラップレス手術が原因の死亡事故が起こっています。フラップレス手術とは、歯肉に直接穴を開けてインプラントを埋入する方法で、患者様への負担が小さい反面、歯肉を切開していないため、血管までの距離が分かりにくいという難点があるのです。

この事故では、ドリルでインプラントを埋入するための穴を開ける際、誤って動脈を損傷したことで大量の出血が起こり、呼吸困難に陥ったことが生命の危険につながってしまいました。

当院では歯科用CTの画像をもとに
治療計画を立てています

静脈内鎮静法は恐怖心を和らげる効果があります

CT画像を見ながら治療計画づくり

従来の歯科治療では、平面的なレントゲン画像で診断を行うのが一般的でしたが、インプラント治療の場合、歯科用CTで撮影した3D画像での診断が欠かせません。ドリルで顎の骨に直接穴を開けるため、骨の周囲の血管の正確な位置をあらかじめ把握しておく必要があるのです。

当院では、従来のX線画像やパノラマ画像のほか、CT画像の撮影の3役を1台で行うことができる最新の歯科用CTを導入しています。検査の際、治療に必要なさまざまな画像を撮影して、その画像をもとにインプラントの埋入位置や角度などを決定しています。

2.神経損傷が原因の麻痺やしびれ

インプラント手術の際、何らかの原因で神経を傷つけてしまった場合、麻痺やしびれが残る可能性があります。
動脈の損傷と同様に、骨に穴を開ける際にドリルで神経を傷つけてしまうほか、インプラントの位置や角度が不適切なせいで、先端が骨から飛び出して神経の損傷や圧迫が起こると、口腔内や舌、口の周囲に麻痺やしびれが現れるのです。
神経の損傷の程度にもよりますが、症状を改善するための神経修復治療が必要になったり、症状が改善されずに後遺症が残ってしまったりする可能性があります。

当院ではガイドシステムを使った
精度の高い治療を行っています

精度の高い治療

ガイドシステムとは、歯科用CTで撮影した3D画像をもとに、治療計画の立案からインプラントの埋入までをサポートするインプラントメーカーが開発したシステムです。専用ソフトを使うことで、神経や血管を避けた最適の埋入位置を決めることができます。

さらに、手術の際、シミュレーション結果をもとに作製したテンプレートを使用することで、計画通りの位置へのインプラントの埋入が可能になります

3.埋入したインプラントの
ぐらつき・脱落

何らかの原因でインプラントの埋入に失敗すると、ぐらぐらしたり抜け落ちたりすることがあります。

インプラントには、生体親和性が高いチタンが使われているため、骨に埋め込むと徐々に周囲の組織と結合して、最終的にはしっかりと根付きます。ところが、次のような原因によって骨との結合が妨げられると、ぐらつきや脱落などのトラブルが起こるのです。

インプラントのぐらつき・脱落の主な原因

  • インプラントを埋め込む角度や位置が不適切
  • 外から強い力が加わった
  • ドリルの摩擦熱によって骨が損傷を受けた
  • 喫煙によって血流が悪くなった
  • インプラントや周囲組織が細菌に感染した
インプラント

そのほかに糖尿病の患者様は、炎症が起こりやすく傷の治りが悪いため、インプラントが骨と結合しにくいほか、細菌感染のリスクも高いことから、治療前にしっかりと血糖値をコントロールしておく必要があります。

当院では感染対策を徹底し
院内感染を予防しています

不潔な治療器具を使ったり、不衛生な環境で治療を受けたりすることにより、インプラントや周囲の組織が細菌に感染すると、炎症が広がることでインプラントの失敗が起こりやすくなります。そのため当院では、次のような感染の予防対策を行っています。

感染の予防対策1
手術室でのインプラント治療

治療室

インプラントの埋入手術は、治療を行う全てが滅菌・消毒されている「清潔域」で行う必要があることから、無菌状態に整えられたインプラントのオペ専用の手術室が必要です。そのため、当院では通常の歯科治療とは別に設けた、専用の手術室でインプラント治療を行っています。

感染の予防対策2
治療器具の滅菌処理

滅菌用の機械

当院では、治療に使われる器具の滅菌処理を行っています。滅菌とは、全ての細菌を死滅させることで、高圧高温で滅菌を行うオートクレーブと呼ばれる滅菌器を使って行います。滅菌を行う素材によって135℃、121℃、115℃の設定が変えられる滅菌器で、常に治療器具を清潔に保っています。

感染の予防対策3
歯を削るドリルバーの使い捨て

処置のイメージ

ドリルの先端のバーと呼ばれる部品の使い回しについて、その是非が話題になりましたが、バーの使い回しは不衛生なだけでなく、切れ味が悪くなりオーバーヒートの原因となるため、当院では常に新しいバーを使用しています。そのほかに、滅菌処理の対象にならない器具は全てディスポーサブル(使い捨て)としています。

他院で受けたインプラントの
リカバリーに対応しています

「治療を受けた部分が痛む」「埋入部分が腫れている」「ぐらつきが気になる」などのような、他院で治療を受けたインプラントの不調について、当院ではリカバリー治療(最治療)を行っています。
今や、歯科治療として当たり前になりつつあるインプラントは、治療を受ける患者さんの数が増えていることから、新規のインプラント治療だけでなく、今後は、以前入れたインプラントの不具合に対応するリカバリー治療が重要になると考えています。

インプラントの治療を受けたけれど、お引越しなどで以前通っていた歯科医院に通うのが難しくなった方や、事情により転院を希望される方は、インプラントの不調を放置せず、悪くなる前に当院までご相談ください。

「インプラントセーフティーマーク」は安全の証です

「インプラントセーフティーマーク」

インプラントセーフティーマークとは、第三者評価機関(NPO法人 歯科医療情報推進機構)が、インプラント治療を行う「環境」「技術」「運用」について一定レベル以上にあると認定した歯科医療機関に与えられるマークです。

当院では、治療の失敗を防ぐために、スタッフの治療技術の向上や院内感染の予防に心がけ、患者様に安心してインプラント治療を受けていただけるように取り組んでいきます。

お問い合わせ
インプラント相談