化学的根拠に基づいた診断
化学的根拠に基づいた診断

科学的根拠に基づく
インプラント治療の診断

今やインプラント治療において、画像診断を欠かすことはできません。顎の骨をさまざまな角度から観察し、インプラントの埋入が可能かどうか判断するほか、埋入したインプラントの先端が骨を突き抜けたり、神経を傷つけたりしないよう、インプラントを埋入する正しい深さや角度をシミュレーションするためにも、画像を使った診断が必要不可欠なのです。

そのため、当院では精度の高いインプラント治療の実現のために、最新機器を導入することで、医師の経験や勘の頼らない科学的根拠に基づいた診断を行っています。

歯科用CTによる
3D画像の撮影

従来の歯科治療では、治療する患部の状態を確認するために、平面的なレントゲン撮影を行うのが一般的でしたが、インプラント治療では歯科用CTで撮影した3次元の画像が不可欠です。

歯科用CTとは

科用CTとは、X線を使って体の断面を撮影する装置のことで、コンピュータ処理によって立体的な3次元画像を得ることができるのが特徴です。横になった状態で全身を撮影する一般的なCTに対して、歯科用CTは頭部のみの撮影を行います。

院で導入しているアールエフ社の「NAOMI-CT」シリーズは、3次元のCT撮影のほか、これまでのパノラマ撮影や頭部レントゲン撮影を一台で行うことが可能です。一回の撮影時間が1.5秒と短く、イスに座った状態で撮影ができるため、患者様に負担をおかけすることはありません。

CT画像を使って治療計画を
分かりやすくご説明します

院では、歯科用CTで撮影した情報をもとに治療計画を策定後、患者様にインプラント治療の具体的な内容をご理解いただくために、歯科用CTで撮影した画像を用いて治療計画の説明を行っています。

NAOMI-CTシリーズの3D画像は高画質のため、ご自分の歯の状態が手に取るように分かるほか、パソコンのマウスを動かすだけで簡単に画像の回転ができるので、お好きな角度から画像をご確認いただけます。また、簡易的なシミュレーションが行えるため、インプラント埋入後の画像を見ることも可能です。

インプラント治療に対する
7つのこだわり

こだわり01
痛くない・腫れにくい治療
こだわり02
15年の臨床経験の実績
こだわり03
科学的根拠に基づいた診断
こだわり04
最新設備と衛生管理
こだわり05
様々な難症例にも対応
こだわり06
理事長自ら
8本のインプラントを埋入
こだわり07
術後のケアを考慮した治療
お問い合わせ
インプラント相談